FC2ブログ
20070628084020.jpg

パプリカの食感がほ~んと好き
自然な甘みもおいすぃ~ん
レンチンの作業でヘルシーにしてますよん♪
お野菜を切ってオイルでからめたものをレンチン☆してかる~く火をとおしてあげます。
予熱でじんわりじんわり火が通るから、食感は大事にしてくれますよ
ドレッシングは「グレープフルーツ」
フルーティではちみつのやさしい甘さで後味さっぱりぃ~♪
エビとアボガドの組み合わせもいいので、一緒にしたらボリューム感たっぷりなの
モリモリ食べれちゃうサラダ
たくさんおいしいお野菜の栄養をたっぷりんと召し上がれ~♪
20070628084543.jpg


材料・作り方 画像クリックで大きくなります
20070628084627.jpg


はれはれぇ~
嬉しいけれど水不足大丈夫かしらぁ??

ランキングに参加してます♪クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 料理ブログへ banner2.gif


この記事へのコメント
綺麗すぎる~!!
こんなんうちの食卓並んだらまさにパーティっすよ!
グレープフルーツ…これまた初耳(^O^)
レモンはありがちですけどね~
>フルーティではちみつのやさしい甘さで後味さっぱりぃ~♪
これからさっぱりしたい季節には最高っす!
ヒガッシー | URL | 2007/06/28/Thu 09:15 [EDIT]
ヒガッシーさんいつもコメントありがとうございます!
パプリカも黄色だけじゃなくて赤も買えばよかったぁ~とちぃっと後悔・・・。
苦し紛れにちょっとトマト入れて見たりぃ~。笑
グレープフルーツが好きなんですよね。あの酸味と甘すぎない甘み(?)、後味がちょっと苦いのも♪
意外と野菜たちとの相性もグゥ~なんですよ。
そうそうさっぱりさっぱり☆☆
ちょりママ | URL | 2007/06/28/Thu 21:52 [EDIT]
今晩作ってみました!
グレープフルーツがこんなおいしいドレッシングに
なるなんて・・・。目からウロコでした!
ちょりママさん、いっぱい魔法を知ってて羨ましい!

ましゅー | URL | 2007/06/29/Fri 22:59 [EDIT]
ましゅーさんいつもコメントありがとうございます!
実は私の働いてたイタリア料理屋さんでの鶏ムネとのサラダでグレープフルーツを使っていたんですよ!
さっぱりで嫌なフルーティー感はなくって。。。
エビとアボガドとの相性もいいだろぉ~って作ってしまった次第です。笑
いろんなアレンジできるのでましゅーさんもぜひぜひアレンジしまくってください!!(^▽^)/
ちょりママ | URL | 2007/06/30/Sat 00:17 [EDIT]
昨日甘エビのかわりにボイルしたえびを使って作ってみましたv-22
ちょっと蜂蜜を入れすぎちゃったんですけど、めちゃくちゃおいしかったですv-10
ブルケッタ風にしてみましたv-238
ゆい | URL | 2007/07/02/Mon 11:16 [EDIT]
ゆいさん、初コメントありがとうございます!
エビボイル、全然OKですよぉ~。
しっかりエビの味がしてるからそちらのほうがおいしそうです♪♪
ブルスケッタとはお洒落ですねぇ~。おつまみには最高ですよね☆☆(って勝手に飲むことを決めてますが・・)
作っていただいてありがとうございまぁす♪
またお越しくださいね☆
ちょりママ | URL | 2007/07/02/Mon 14:07 [EDIT]
これを作って感動しました。
グレープフルーツって、サラダにピッタリなのねえv-10
一つ質問が。グレープフルーツは、「ボウルの上で取り出す」って書いてあるから、横半分に切って、スプーンで取り出すのかな?皮をむいてそのまま入れたり、握りつぶしたりかな?(ま、どんなにしても美味しさは変わらないんだけどね!)
過去のグレフルサラダ2作品(野菜のマリネと鶏サラダ)も作ってみようと思います。
SYU | URL | 2007/07/05/Thu 09:43 [EDIT]
SYUさんいつもコメントありがとうございます!
グレープフルーツって実は食べづらくて、子供とかは敬遠しちゃうから、こうして食べると美味しさも倍でかえてきちゃいます!!笑
私のグレープフルーツの取り出す方法は、縦半分にきって、外の皮をとって、白い薄皮とか実についてる皮を手で取っていきます。そんな方法で取っていると汁がでてきちゃうので、それをもれなくとろうと“ボールの上で”っていう文言に到達したんですよねぇ~。
取り出した実は大きければ少し小さめに。人差し指の第2関節以上は、手で小さくしました。
過去のレシピを作ってくれて、本当にありがとう~♪
ちょりママ | URL | 2007/07/05/Thu 14:06 [EDIT]


管理人にのみ表示
この記事へのトラックバックURL